2019/07/24 YAMAHA GX 750 2型 テストラン

2019年8月5日

yamaha GX750
yamaha GX750

1978年 昭和53年式

ヤマハ GX750 久々のランです。テストランです。

XS750 最初期型にのめり込み、すっかりご無沙汰になっているGX750

エンジンも久しくかけていなかったので、試してみます。

キック試みますが、以前ならほぼ一発でしたが、

バッテリーが弱っているのか、一発ではありません。

10回以内ではなかったと思いますが、キックでしっかり始動しましたので一安心。

クラッチがすぐ繋がるセッティングになっているのを忘れていまして

なかなかの勢いで力強く発進できました!

yamaha GX750
ちょいと、フロントブレーキの効きが弱いような気がしますので
チェックして、フルード交換およびパット交換対応。
OHも視野に入れていきます。

このGXが所有しているモーターサイクルの中で最も整備が行き届いていて、破綻の予兆が感じられません。

強いて望むなら、このメーカーカフェスタイルにはそぐわないかもしれませんが、販売当初からあったアップハンドル仕様にしてXS750同様、殿様スタイルで流したいですね。

もしくは、極端にセパハンにするかですが、

ま、いつか先のお話ですね。

ノーマルの3気筒のバイブレーション、これしかない!と改めて感じいります。

そのような意味では、唯一、XS Elevenのみ所有車両の中では異端ですけど、3気筒のパルスとは異なる魅力がありますので、それはそれこれはこれの住み分けで自分の中ではOKですね。

全ての機能、簡易確認ですが、問題無しですので

ガンガン乗っていきます。

GX750 1978
遠くでみると、華奢ですが、近くで見ると
結構ファットで、且つデカく太いGX750
そして、XS Elevenに乗っていると軽く感じますが、
最近Elevenに乗っていないので
重たい車両だと
改めて思います。だから、なんだ?はないのですけど・・・
確実な満足を常に与えてくれる優等生
それが、My Gx750 1978 です。

VANVAN&ROCKS